「即身仏をめぐる旅」パンフレット

飢餓や病に苦しむ人々を救済するべく、苦行の末に自ら土中に入って仏となる「即身仏」。
日本国内に十数体現存するといわれており、そのうち、山形県に8体、新潟県に4体もが安置されていることはご存知ですか?
ここ庄内には、出羽三山奥の院である「湯殿山」があり、まさに即身仏の聖地と呼んでも過言ではありません。
(一説では「海」の文字がついた上人は、湯殿山で修業された行者とのことです。)

そこで、日本海きらきら羽越観光圏では、村上・鶴岡・酒田に安置されている「即身仏」をご紹介するパンフレットを作成しました!

観光圏の周辺を含めて、新潟県と山形県12体全ての「即身仏」の安置場所が記されております。
是非この機会に、神秘なる羽越の聖地へ、即身仏をめぐる旅などいかがでしょうか。

「即身仏をめぐる旅」パンフレット

リンク・関連ファイル


  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.