カレンダーからさがす

 
 


回天の道と清川歴史の旅

詳細

 秋の心地よい爽やかな風を受け、歴史の里散歩と里山ウォーキングを開催します。

 庄内町清川に生まれ育った、新選組生みの親、「清河八郎」が風雲急を告げる幕末の江戸に向け一人歩いた山道を辿り、合わせて源義経や松尾芭蕉、明治新政府と庄内藩が戦った戊辰の役古戦場等を巡る里山ウォーキングです。



だるま市(観音様のお年夜)

詳細

新年を迎える縁起物が揃います。

七日町観音堂の例祭で、境内にはだるまや熊手、羽子板など正月の縁起物を売る出店が立ち並び、参拝客で賑わいます。
またこの日は「切山椒」という駄菓子を食べるのが慣わしとなっています。


ややまつり

詳細

東北の奇祭として全国的にも知られる小正月の風物詩

厳寒の1月中旬に庄内町千河原地区で古くから行われてきた祭りで、安産と無病息災・身体堅固を祈願します。素裸にケンダイと呼ばれるワラで作った腰ミノをつけただけの5〜14歳の男児が、みそぎ台の上で冷水を浴び、行列をなして集落内を一周した後、神社にお参りします。


黒森歌舞伎正月公演

詳細

東北二大農村歌舞伎「冬の黒森」

江戸時代中期の享保年間から、黒森地区の日枝神社の祭礼に奉納されたといわれる農民歌舞伎で、270年以上もの間伝承されてきました。
雪の中で観ることから「雪中芝居」「寒中芝居」といわれ、出し物の多いこと、スケールの大きいことは全国屈指です。
東北二大農村歌舞伎として「冬の黒森、夏の檜枝岐」称されています。


飛鳥湯立神楽

詳細

「伊勢神楽」系統に属するというこの神楽を伝承してきた飛鳥神社は、今から1,200年前に大和国飛鳥坐神社を勧請分祀したといわれています。
湯立神楽は、修験神楽ともよび、神話を語る九の舞曲は、舞方6人、楽人笛1人、太鼓1人ですべて神職がこれに当たります。
演目は9つにものぼり、そのほかにも、お頭舞とツケ湯神事と言…


鳥海山神鹿角切祭

詳細

立派な鹿の角が抽選で当たります

鳥海山の標高1,000mにある大平山荘の敷地に鹿公園があります。ここで飼われている鹿の1年かかって立派に成長した角を切り落とし、会場に訪れた人に抽選でプレゼントいたします。飾り物にもなりますし、鹿の角は漢方薬として高級品のようですよ。抽選会ではほかにも花笠舞をかたどった人形や遊楽里の食事券などが当たります…


日本海寒鱈まつり

詳細

鶴岡を代表する冬の味覚をご堪能ください

「寒鱈汁」(どんがら汁)とは、厳寒の日本海の荒波でもまれ脂ののった寒だらをぶつ切りにし、みそ仕立てで丸ごと鍋にして味わう鶴岡を代表する冬の味覚。
この寒鱈汁を思う存分味わってもらおうというイベントを、毎年約2万人のお客様を迎えて開催しています。
当日はたくさんのお店が集まり、出店の大きな鍋からはアツア…


鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮例大祭

詳細

大御幣祭、延年の舞など歴史と文化あふれるまつり

鳥海山大物忌神社には蕨岡と吹浦に口ノ宮があります。
蕨岡口ノ宮は毎年5月3日に例大祭が行われます。
大御幣祭り(おんべいまつり)とも言われ、10mはあろうかと思われる竹の先につけられた御幣を奪い合う勇壮な祭りでした。
近年は、地区の青年の代表が竹に登って御幣をとるかたちになりました。
境内では県指定無形民俗…


杉沢比山(仕組み)

詳細

鎌倉時代の様式を今に伝える洗練された舞で国指定重要無形民俗文化財です

比山は遊佐町杉沢にある熊野神社に奉納されます。
熊野神社が鳥海山で修行する山伏の宿坊として栄えた鎌倉時代から伝わっていると言われています。
地域の住民が連綿と受け継ぎ、鎌倉時代の様式を残す舞だけではなく衣装、面、小道具なども、その時代時代に修復、新調しながら、ほぼオリジナルの形を継承していると言われ…


鶴岡天神祭(化けものまつり)

詳細

学問の神様・菅原道真公を偲ぶ通称・化けものまつり

学問の神様といわれる菅原道真公を祀る鶴岡天満宮のお祭りで、道真公が九州太宰府に配流された時、道真公を慕う人々が時の権力をはばかり、姿を変え顔を隠して密かに酒を酌み交わし、別れを惜しんだという言い伝えがあります。
老若男女に関係なく、派手な花模様の長襦袢に帯を締め、手ぬぐいと編み笠で顔を隠し、手に杯と…



地図に表示中の施設一覧
回天の道と清川歴史の旅
 秋の心地よい爽やかな風を受け、歴史の里散歩と里山ウォーキングを開催します。
だるま市(観音様のお年夜)
新年を迎える縁起物が揃います。
ややまつり
東北の奇祭として全国的にも知られる小正月の風物詩
黒森歌舞伎正月公演
東北二大農村歌舞伎「冬の黒森」
飛鳥湯立神楽
鳥海山神鹿角切祭
立派な鹿の角が抽選で当たります
日本海寒鱈まつり
鶴岡を代表する冬の味覚をご堪能ください
鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮例大祭
大御幣祭、延年の舞など歴史と文化あふれるまつり
杉沢比山(仕組み)
鎌倉時代の様式を今に伝える洗練された舞で国指定重要無形民俗文化財です
鶴岡天神祭(化けものまつり)
学問の神様・菅原道真公を偲ぶ通称・化けものまつり
回天の道と清川歴史の旅
山形県東田川郡庄内町清川字上川原37番地
だるま市(観音様のお年夜)
七日町観音堂 (鶴岡市本町2-11-7)
ややまつり
庄内町千河原八幡神社
黒森歌舞伎正月公演
酒田市黒森字村中47
飛鳥湯立神楽
酒田市飛鳥字堂之後92
鳥海山神鹿角切祭
飽海郡遊佐町吹浦字鳥海山1
日本海寒鱈まつり
鶴岡市本町一丁目(銀座通り)
鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮例大祭
飽海郡遊佐町大字上蕨岡字松ヶ岡51
杉沢比山(仕組み)
飽海郡遊佐町杉沢字宮ノ後23
鶴岡天神祭(化けものまつり)
鶴岡市神明町3-40 鶴岡天満宮

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.